おうちでゆっくり美味しいコーヒーを味わう!おすすめ「ドリップコーヒーグッズ」

  • 2021年2月7日
  • 2022年1月24日
  • くらし
  • 313view

コーヒーが好き!
朝は必ずコーヒーを飲みたい!
毎日のコーヒーも家にいる時間が増えて自宅でコーヒーを飲む回数が増えてきました。
家でもおいしいコーヒーを飲みたい!コーヒーに興味が出てきたらおうちでドリップして本格的なコーヒー楽しみませんか?いつもより美味しいコーヒーで幸せな気分になりますよ。

ドリップコーヒーに必要な道具

比較的簡単にワンランク上のコーヒーを味わいたいならドリップコーヒーがおすすめです。道具も揃えやすいのでお手軽です!
必要な道具は
・コーヒードリッパー
形状は台形と円錐とあり、台形で抽出したコーヒーはコクの深い味わいを楽しめます。穴の数も製品によって違うので、少ないと濃い味わい、多いと薄めの味わいと好みに合わせたものを選びましょう。売られているフィルターの形は台形のものが多いので手軽に揃います。
円錐のタイプは頂点の部分で穴が1つで抽出するため、お湯が落ちやすい形状で、すっきりとした味わいになります。
素材は陶器製、プラスチック製、ガラス製、金属製と種類があります。陶器製は割れる心配もありますが、長く使えて、安定した重みもあるので一般的に使われています。プラスチック製は陶器のような割れの心配はありませんが、保温性が低く、冷めやすい素材です。
軽量で安く手に入れることができるので、複数のタイプを購入したい方におすすめです。ガラス製は割れやすいというデメリットがありますが、長期間使用でき、見た目が美しいデザインであるため、インテリアとしても活躍します。金属製は割れる心配もなく、長期間使用でき、熱伝導率が高いため、冷めにくく、美味しいコーヒーを味わうことができます。
・フィルター
紙とステンレスの素材があり、一般的使われている物としてはペーパーフィルターです。使い捨てができるので手軽で、油分が紙に染み込み、すっきりとした味わいです。
ステンレスフィルターは洗って使えるので繰り返し使用することが可能です。フィルターをその都度、購入することもなく、ゴミが出ないのでエコが気になる方におすすめ。コーヒーの油分がそのままでしっかりとした味わいになります。
・コーヒーポット
注ぎ口の種類は細口と鶴口とあり、初心者には細口のタイプがおすすめ。湯量が一定になるため、安定して注ぎやすい形状です。慣れてきたら鶴口のタイプで淹れ方を楽しみましょう。
素材はステンレス製、ホーロー製など。ステンレスは壊れにくくお手入れしやすく種類も豊富です。ホーロー製は保温性が高いのでゆっくりとコーヒーを淹れたい方におすすめ。デザインもおしゃれなものが多いのも特徴です。

基本的なコーヒーの淹れ方

1.抽出に使う器具やカップなどを温めておきます。
2.お湯を95℃前後に沸かします。
3.フィルターにコーヒーの粉を平らに入れます。
4.お湯をコーヒーの粉全体に含ませるように注ぎ、20秒程度蒸らしを行います。
5.フィルターの中心にお湯を「の」の字を描くように注ぎます。
6.抽出したコーヒーをカップに注ぎます。
抽出後にフィルターの内側でコーヒー粉の残りが同じ厚みの層になっているのが理想的。
違和感のないクリアな味わいのコーヒーに近づきます。

豆の挽き方の違い

さらに本格的にお店のような味わいを感じることができる、自分の好みの豆の挽き方でコーヒーを味わってみましょう。
豆は使う器具によって挽き方が異なりますが、挽き方が細かいと成分が出やすく、甘くなりますが、細かすぎると雑味が出てしまいます。
粗い挽き方であれば成分が出にくくなるので、苦味や香りが少なく、味気なく感じることも。甘くないので、酸味をやや強く感じることが特徴です。
豆を挽くところから抽出するところまで自動で行えるコーヒーメーカーもあり、簡単に挽きたてのコーヒーを味わうことができますので、自分の好みの挽き方を探してみましょう。

自宅でこだわりのドリップコーヒー! おすすめの「コーヒーグッズ」をご紹介します!

① 保温効果が高い磁器タイプ!


1つの大きな穴で抽出する円錐型のドリッパー。 穴が1つなのでお湯を注ぐスピードでコーヒーの味を変えられ、自分好みのコーヒーが楽しめます。有田焼の素材を使用しているので保温効果が高く、温かいコーヒーが味わえます。

② ゆったりとコーヒーを味わう!


ステンレスフィルターで繰り返し使えるのでエコ 。すべてのパーツを重ねることで収納する時はコンパクトに!

③ しっかりした味だけど重たくない!


ドリッパーの角度が急になっているので、お湯が多くの粒と触れることでしっかりと濃い味のコーヒーが楽しめます。内側が段になっているのでお湯がドリッパーを伝って下へ落ちるのを防いでくれます。

④ 見た目もおしゃれなドリップポット!


ステンレス製で直火にかけられる。 狙ったところへゆっくりと注ぎやすい極細の注ぎ口。思った通りのドリップが可能で初心者にも使いやすいドリップポットです。

⑤ プロの味を家庭で手軽に味わう!


家庭だけでなくお店でも使用されるコーヒーミル。 粉の飛散を防止してくれ、粉はまっすぐと落ちていきます。プロの味を家庭でも楽しめます。

⑥ いつでも好きな時に挽きたてのコーヒー!


ミルが内蔵されているコーヒーメーカー。全自動であの挽きたてがいつでも淹れられます。タイマーがついて朝の目覚めと同時に挽きたてのコーヒーを味わうことができます。

まとめ

自宅で入れるコーヒーも自分の好みに合った美味しいコーヒーが淹れられると幸せですよね。家で過ごす時間が増えてきて外で飲む機会が減っていますが、おうちで美味しいコーヒーを味わいましょう。

最新情報をチェックしよう!
>たいせつなものを自分で守る。

たいせつなものを自分で守る。

災害はいつやってくるかわかりません。 「備えあれば憂い無し」という言葉があるように、事前に準備をしておくことが大切です。

CTR IMG